Royal Hotel 沖縄残波岬様/アット・ライン・サービス様のご依頼で周遊謎解きを制作しました

2023年の夏、周遊謎解き制作のご依頼を受けて沖縄に行ってまいりました。これまでで一番南からのご依頼です。

謎解きイベント概要

沖縄の読谷村にあるホテル館内をめぐって謎を解く、周遊謎解きイベントです。料金は2,000円(税込)。

日時:2023/7/22~2023/11/30

場所:Royal Hotel 沖縄残波岬

難易度:小学生~一般の大人向け

ご依頼の経緯

アット・ライン・サービス様からランサーズ経由でお声がけいただき、ストーリーと謎解きの制作を担当することに。オンラインの打ち合わせで読谷村への愛を語ってくださり、私も熱が高まりました。

今回は納期の関係で企画案(ストーリーの方向性)を先にご提案していました。「怪盗系がいいですね」とリアクションをいただいていたので、怪盗系の謎のパターンをいくつか考えながら沖縄へ視察に向かいました。

謎解きの制作内容

からくり小箱がお手伝いしたのは、企画案(ストーリー方向性3案)、ストーリー、謎解き7問の制作です。今回はホテル内にパネルも掲示していただくタイプになりました。

※周遊謎解きは、現地にある看板などを使って謎を解くタイプと、謎の手がかりとなるパネルを掲示するタイプの2種類があります。

ホテル企画担当のOさんに現地をご案内頂いて、謎とストーリーをざっくりご相談。読谷村ならではのアイデアをいただき、ちょうど謎解きのラストの展開に綺麗にハマったのでその場で決定しました。

制作で工夫したこと

頂いたアイデアを謎解きの中心に据え、読谷村の美しさがお客さんの印象に残るように考えて組み立てていきました。あとは、館内改修のご予定があったので、改修後も絶対に変わらない場所を伺って謎に使用しました。

ストーリーで気をつけたことは次の3点です。

①リゾートの気分に合った楽しい雰囲気にすること。
②お子様でもわかりやすい表現にすること。
③シーサーが重要なキーパーソンになること。

謎解きの技術的な部分では、次の2点を意識していました。

①沖縄や読谷村に関係するモチーフを使うこと。
②沖縄ことばを謎に取り入れること。

視察の思い出

ホテル正面にシーサーがお出迎えしてくれました。玄関前か屋根の上にいることが多く、魔除けの意味があるそうです。

ホテル内のショップ。ここに謎解きを置いてくださっているそうです。

ホテル近くの絶景カフェ。サイダーとポーたま(沖縄の名物ポークたまごおにぎり)が食べられます。風が気持ちよくて贅沢な時間でした。

ホテル館内をご案内いただいたときの様子。お客さんがみんな笑顔なのが印象的でした。

夜はWさんも合流し、近くのお店で沖縄料理をいただいてしまいました。面白いお話がたくさん聞けて素晴らしい夜でした。

美しくて有名な残波ビーチはホテルから徒歩数分の場所にあります。私も翌朝、出発前に少しだけ行ってきました。

読谷村の魅力はまだまだありますが、ぜひRoyal Hotel 沖縄残波岬様にご宿泊いただいて謎解きと共に味わって頂けると嬉しいです。沖縄は那覇しか知らなかった私が、次は絶対にプライベートで行こうと決意するほど素晴らしい環境でした。

Royal Hotel 沖縄残波岬様、アット・ライン・サービス様、ご依頼いただきありがとうございました。